葉酸 何

MENU

そもそも葉酸ってなあに?

妊婦に欠かせないとして有名な葉酸ですが、そもそも葉酸とはどのような栄養素なのでしょうか?知っているようで知らない方が多いと思います。

 

一言で言えば、葉酸は水溶性ビタミンB群の一種です。

 

新陳代謝にかかわるもので、細胞の生産や再生を行い、体の発育を促す働きを持っています。そのため、胎児の成長には欠かせないものです。またビタミンB12とともに赤血球の生産をする造血ビタミンでもあります。

 

葉酸はほうれん草の葉から見つかった!?

葉酸はほうれん草の葉から発見された栄養素です。

 

そのため葉酸と名づけられました。ほうれん草だけでなく、ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれています。

 

そのほかにはレバーや豆類からも摂取可能です。しかし、葉酸は水、熱、光に弱いため調理すると栄養分が減ってしまうことが多く、食事だけで必要量を摂取することはまず不可能だと思われます。

 

妊活中の女性で1日400マイクログラム、妊婦にいたっては440マイクログラム必要とされています。

 

目安としてはほうれん草1把分です。これを毎日欠かさずというと難しいですし、生で食べるわけではないので調理でかなり流れてしまいます。そのためサプリメントで補うことを推奨しているわけです。

 

だからといって一度に大量にとっても吸収されず、尿と一緒に排出されてしまいます。焦らずに毎日少しずつ取り入れるのが大事です。不足すると母子ともに貧血や心疾患、免疫機能減退、消化管機能の異常などを引き起こすため注意が必要です。