妊活中は排卵日前後毎日した方がいいの?

排卵日の予想と言うのはとても難しく、排卵日を含めた前後合わせて5日間が妊娠しやすい時期とされています。

 

確かに回数が多い方が妊娠の確率が上がるとされていますが、あまり神経質に考えないでできる範囲で構いません。

 

排卵日前後の行為について正解はない

この件は実は専門家でも意見の分かれるところなので実は明確な答えがないのです。

 

人によっては毎日行為をすると精子濃度が落ちてしまうという方も。ただ実際に行為を行う側からしたら毎日というのは厳しいでしょう。射精されたあとも精子は体内でおよそ3日程度生きますので、毎日でなくてもいいという意見もあったりします。

 

そのため理想的なのは2日か3日おきくらいに行為を持ち、排卵日予想がずれたとしても受精しやすくするというのが正しいのではないでしょうか?

 

排卵日にこだわり過ぎない!

あまり排卵日だけにこだわらずに楽しむのも大事とされています。お互いが幸せだと感じることで卵子を熟成させ
たり(排卵を促したり、受精を促すと言った効果のあるホルモン(卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモン、黄体形成ホルモン)が分泌されることが最近わかってきました。

 

排卵日から遠い日であってもこれらのホルモンが妊娠への手助けをしているのです。そのためタイミング法を無視しても妊娠したという方はホルモンの働きのおかげではないかと思われます。

 

たとえ排卵日に行為をしたとしても確率は高くても3割程度。年齢と共にその確率は下がります。そのためあまりこだわらずに夫婦で今日がいいと思った時に行う方がうまくいくかもしれませんね。

 

また、排卵日が計算ではうまくわからない際にはおりものの状態を見るといいでしょう。排卵日が近くなると白いおりものと呼ばれる粘液が出てきます。この粘液の量が多いほど精子が頸管の中で生きやすいとされています。

 

頸管の中は酸性ですが、精子はこの酸性に弱い性質を持っています。それを強いアルカリ性であるおりものが保護してくれるわけですね。

 

そのため、排卵日は参考程度に頭に置いておいて最終的には夫婦の気持ちを大事にするのが一番いいのではないでしょうか。あまり機械的に1日置きにしないといけない、いや、毎日!と考えるとお互い義務的になってしまうのでストレスに感じてしまいがちです。

 

毎日というのも1日というのもあまり根拠はないのです。あくまでもアドバイスととらえてくださいね。

 

関連ページ

妊活や不妊治療をやめた途端授かる不思議!?
長期間妊活に取り組んでも結果が出ないときは病院からも妊活を休むことをすすめられると思います。なぜなら過剰にストレスを溜めることで確実にホルモンバランスを崩してますます妊娠の確率を下げてしまうからです。実際に治療をストップした途端に妊娠が発覚とした方も多いようですね。
排卵日検査薬の上手な使い方♪
排卵日検査薬は排卵日当日ではなく、2日ほど前に陽性反応が出ます。尿の中にある黄体形成ホルモン(LHホルモン)濃度が排卵の直前に高い数値を示すためです。陽性か陰性かはっきりしない結果が出ることもあるため、数回使用しましょう。
妊活中の腹巻・腹帯が静かなブーム!?
女性にとって冷え性は万病のもと。最近では子宮を守ると言う意味合いで妊娠する前から腹巻や腹帯を使う方が増えているようです。季節を問わずに女性を守ってくれるため、上手に使っていきたいものですね。使い方やその効果に注目していきましょう。
葉酸サプリは妊娠に必須!葉酸サプリ厳選3品はこちら!
葉酸サプリは妊娠の必須アイテムです。葉酸サプリ厳選3品についてご紹介します!
森山中の大島美幸さんの妊活ってどうだったの?
女芸人森山中の大島美幸さんって妊活していましたよね?気になる結果はどうだったのでしょう?
美的ヌーボとベルタ葉酸サプリ!夫婦で飲むならどっち?
美的ヌーボとベルタ葉酸サプリどっちが良いか迷ってしまいます。夫婦で飲むならどっちがおすすめなのでしょう?
葉酸サプリ|先輩ママのおすすめはこちら♪
葉酸サプリってたくさん種類があってどれが良いかわかりません。先輩ママのおすすめの葉酸サプリはこちら!