妊活中の腹巻・腹帯が静かなブーム!?

女性にとって冷え性は万病のもと。最近では子宮を守ると言う意味合いで妊娠する前から腹巻や腹帯を使う方が増えているようです。

 

季節を問わずに女性を守ってくれるため、上手に使っていきたいものですね。使い方やその効果に注目していきましょう。

 

腹帯って安産祈願のアレ!?

腹帯と言うと戌の日の安産祈願のイメージが強いと思います。

 

妊娠5か月の戌の日に腹帯を巻いて祈願する習慣です。最近ではこの日に限らず、腹巻や腹帯を使用する女性が増えてきています。

 

腹帯はぐるぐる巻くタイプのもの、腹巻は輪っかタイプで体にはめるものを指します。腹帯は今では簡単に着脱できるタイプが販売されていて、どんな働きをしてくれるかというと以下の3つがあります。

  1. .おなかを冷えからガードする
  2. .妊娠中におなかを支えて、中の胎児を守る
  3. .腰を守る

冷え性だけでなく、おなかを程よく固定して万が一ぶつけたりしても胎児もしっかり守ることができます。用途に応じてコルセットタイプ、ガードルタイプ、サポータータイプから選択しましょう。

 

コルセットタイプ

マジックテープで調節して装着するタイプ。ゆっくりくつろぎたいとき、お手洗いに行く回数が多いときなどに着脱が簡単なので人気です。

 

ガードルタイプ

ショーツと一体型なのでおなかをしっかり支えやすい構造になっています。

 

サポータータイプ

コルセット同様着脱が簡単です。おなかを下から支えるような細めのタイプも多く、体に負担をかけないため人気です。通気性もよくガードルが苦手という方におすすめ。

 

腹巻の素材に注意!

腹巻は冷えから体を守るものですが、体にぴたっと密着させるため素材には気を付けましょう。何も考えないで選んでしまうとナイロン製のもののように通気性が悪いとかゆくなってしまったり、蒸れてしまったりであせもやニキビのような湿疹ができてしまうことも。

 

素材はシルクや綿素材のものがおすすめです。チクチクしないので長時間つけていても不愉快なかゆさはありませんし、腹帯よりも締め付け感がないので寝る時にも使用できます。寝返りを打つ時もある程度はおなかを支えてくれるので楽なのも魅力的です。

 

夏場は外は暑いものの、室内で冷房をつけたり冷たい飲み物を飲んだりして案外体が冷えてしまいがち。締め付けすぎないものを上手に選んで冷えからしっかり自分の体を守ってあげながら妊活していきたいですね。

 

関連ページ

妊活中は排卵日前後毎日した方がいいの?
排卵日の予想と言うのはとても難しく、排卵日を含めた前後合わせて5日間が妊娠しやすい時期とされています。確かに回数が多い方が妊娠の確率が上がるとされていますが、あまり神経質に考えないでできる範囲で構いません。
妊活や不妊治療をやめた途端授かる不思議!?
長期間妊活に取り組んでも結果が出ないときは病院からも妊活を休むことをすすめられると思います。なぜなら過剰にストレスを溜めることで確実にホルモンバランスを崩してますます妊娠の確率を下げてしまうからです。実際に治療をストップした途端に妊娠が発覚とした方も多いようですね。
排卵日検査薬の上手な使い方♪
排卵日検査薬は排卵日当日ではなく、2日ほど前に陽性反応が出ます。尿の中にある黄体形成ホルモン(LHホルモン)濃度が排卵の直前に高い数値を示すためです。陽性か陰性かはっきりしない結果が出ることもあるため、数回使用しましょう。
葉酸サプリは妊娠に必須!葉酸サプリ厳選3品はこちら!
葉酸サプリは妊娠の必須アイテムです。葉酸サプリ厳選3品についてご紹介します!
森山中の大島美幸さんの妊活ってどうだったの?
女芸人森山中の大島美幸さんって妊活していましたよね?気になる結果はどうだったのでしょう?
美的ヌーボとベルタ葉酸サプリ!夫婦で飲むならどっち?
美的ヌーボとベルタ葉酸サプリどっちが良いか迷ってしまいます。夫婦で飲むならどっちがおすすめなのでしょう?
葉酸サプリ|先輩ママのおすすめはこちら♪
葉酸サプリってたくさん種類があってどれが良いかわかりません。先輩ママのおすすめの葉酸サプリはこちら!