葉酸と妊活特集!

ほうれん草に含まれている葉酸は水溶性で食事からは摂取しにくいので、葉酸サプリメントで効率よく摂る事ができます。

 

この葉酸サプリは妊活している時に服用すると、赤ちゃんの成長をサポートしてくれるのです。

 

どうして葉酸サプリが良いのか?

妊活しているときには葉酸サプリを摂ると必須栄養を補給する事ができます。この葉酸というのはビタミンB群の1つとなっており、水溶性の成分なのです。

 

食べ物から発見されたものであり、ほうれん草から発見されたため、このような名前が付けられました。

 

ほうれん草から摂取する事が出来るのですが、水溶性の成分になっているため調理工程で失われてしまう可能性が高いのです。なので、葉酸サプリメントを摂取して効率良く補うというのが望ましいといます。

 

このサプリメントを摂取することで細胞分裂を起こし、赤血球を作ってくれるため、発育や成長に対して効果的な結果を得られる可能性が高いのです。

 

葉酸はどのような効果を期待できるのか?

葉酸サプリは妊活の時に利用すると、赤ちゃんの成長を助けてくれる効果を期待できるのです。実際にどのような結果を期待できるのかというとこれは、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減出来る可能性が高くなります。

 

この神経管閉鎖障害というのは脳や神経管に発症する異常であり、先天性のものとなっているのです。妊娠したての頃は細胞増殖が頻繁に行われているので、この頃に葉酸が不足してしまうとリスクが高くなるという危険性があります。

 

しかし、葉酸サプリを摂取することでこの細胞分裂を助けてくれる作用があり、血液の元となる赤血球を作れるので胎児が正常に発育するのをサポートしてくれるのです。

 

妊活に最適な葉酸サプリといえば、私のおすすめはこちらです!

 

妊活におすすめの葉酸サプリはこちら

 

妊活中の葉酸サプリを選ぶポイント!

最近は、空前の葉酸サプリブームですので、色々な会社から葉酸サプリが販売されていますよね!

 

『こんなにたくさんあるとどれを選べば良いのかわからない??』

 

ってなりますよね?

 

よく人気の葉酸サプリを選べば良いと考えている方がいらっしゃるのですが、これは間違った考え方です。

 

葉酸サプリには、その時期に合った選ぶポイントというのがあります。
ですから、ここでは妊活中の葉酸サプリを選ぶ4つのポイントについてご紹介していきます!

 

冷え性を改善できる

女性に取って一番厄介なのが冷え性。

 

体が冷えてしまうとホルモンバランスが崩れてしまうので、体全体の調子が悪くなり、最終的には妊娠の可能性も下げてしまいます。

 

葉酸サプリを選ぶときには一緒に冷え性を改善する成分が入っているものを選ぶのがポイントです。

 

「冷え性を改善できる」詳細はこちら

 

卵子の質を高められる

妊娠率を上げるためには質のよい卵子を維持することが不可欠です。残念ながら卵子は年齢と共に質が下がり、精子のように増えることもありません。

 

そのため葉酸サプリをしっかり摂取することで少しでもいい状態にしていくことが大事なんです。

 

もちろん質を上げることだって可能です。

 

「卵子の質を高められる」詳細はこちら

 

生理不順を改善できる

生理不順で悩んでいる女性も案外多いようです。仕事やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと簡単に生理不順となってしまいます。

 

生理が来ない、逆に月に何回も来てしまうといった場合は病院に早めに相談してください。

 

「生理不順を改善できる」詳細はこちら

 

男性の不妊に効果がある

基本的に葉酸サプリは性別では分かれていません。

 

ただし、男性が妊活中に摂取した方がいいという成分はもちろんあるので葉酸と合わせて摂取してみてはどうでしょうか?

 

食事や睡眠、運動と合わせて葉酸を活用して妊活を乗り切りましょう。

 

「男性の不妊に効果がある」詳細はこちら

 

妊活中の葉酸サプリを選ぶポイント詳細

それでは、妊活中の葉酸サプリを選ぶポイントについて、さらに詳しく解説していきます!

冷え性を改善できる

どうして女性は冷え性になりやすいのでしょうか。原因を考えてみましょう。

 

日本独特の気候環境

季節の移り変わりで高温多湿になりやすいのでエアコンを使う人も多いと思います。猛暑の中、エアコンを使うなとも言えませんし、難しい問題ですね。

 

しかし、長時間エアコンの中にいると体温調節機能が落ちてしまいますので上手に汗をかけない人が増えてしまっているのも事実。

 

衣服の変化

流行もあるので仕方ないものもあるかもしれませんが、最近の服装は昔の和服と違って体に密着しているものも多く、体を締め付ける原因となってしまいます。

 

締め付けてしまうと血液の流れが悪くなり、それが原因で冷えてしまうわけです。

 

食生活の変化

食生活が悪くなり、栄養が偏っている方が増えています。外食やファーストフード、インスタント食品、お菓子を食べすぎると体を冷やし、血液の流れが悪くなります。

 

運動不足

運動する機会が減ってしまうと筋力が減り、免疫力低下を招いてしまうのです。その結果冷えやすい体になってしまいます。

 

カフェイン、喫煙、飲酒

コーヒーを大量に飲んでしまったり、ヘビースモーカー、お酒の飲みすぎでも当然体を冷やしてしまいます。これらは過剰摂取は体を壊してしまい、冷え性の促進になるので控えるようにしていきたいですね。

 

食事と運動のバランスも大切

葉酸には血行改善、冷え性改善の効果もありますのでこれらの症状を改善してくれると思います。さらに冷え性改善効果を上げたい場合は他の成分も検討してみましょう。

 

唐辛子、生姜、黒酢、ビタミン、ミネラルといった成分を葉酸と一緒に摂取するのがおすすめですね。もちろんサプリだけで冷え性がなおるというわけではないので、食事と運動のバランスも考えてみてください。

 

エアコンの使い方も工夫

エアコンを使う際はすぐに脱いだりできるカーディガンを着用したり、温かい飲み物を飲むなどの工夫をするといいでしょう。また運動が苦手という方は椅子に座ったまま、手首や足首を動かすだけでも構いません。

 

寝る前のストレッチなんていかが?

寝る前のストレッチもいいでしょう。大げさな運動でなくても血行改善する方法があるのでできることから始めてみてはいかがでしょうか。ウォーキングも毎日続ければ十分冷え性改善になりますよ。

卵子の質を高められる

卵子の質を上げましょうと言われてもどうしていいかいまいちピンと来ない方が多いと思います。

 

質を上げるためには卵子のもととなる卵母細胞を活性化して健康な卵子を作ることが必要です。

 

葉酸はこの卵母細胞を大きく育ててくれる役割があるのです。葉酸は血行促進作用、新陳代謝をよくする働きがあるため卵子の働きもそれに合わせて良くなるわけですね。血液を増やす造血作用もあるため、女性の大敵である冷え性もなおしてくれます。

 

冷え性を改善することで卵子の働きだけでなく、ホルモン分泌や子宮の働きも同時に良くなるのでぜひ積極的に葉酸を摂取してほしいですね。

 

葉酸サプリにはどんな成分が入っていれば良いの?

ではサプリを選ぶ際にはどんな成分が入っていればいいのでしょうか。必要な働きをまとめてみました。

  1. 活性酸素を除去する抗酸化力が高い
  2. 血行改善効果
  3. ホルモンバランスを整える

 

この3つの働きをしてくれる成分を摂取すればいいということですね。もちろん葉酸も必要ですが、それだけでは不十分なので他の栄養成分も一緒に入っているサプリを選んでみてくださいね。

 

葉酸以外にはどんな成分が必要?

では葉酸以外にはどんな成分が必要なのでしょうか?

 

まずは、抗酸化力が高いのはビタミンEです。血行改善効果もあるのでおすすめですね。ざくろは抗酸化力、ホルモンバランスを整える作用があります。マカや大豆イソフラボンもホルモンバランスを整えるためおすすめですが、体質で合わないという方や過剰摂取しないように気を付けてください。

 

血行改善は生姜やローヤルゼリーがおすすめ。これらの成分と一緒に葉酸を摂取することで卵子の質を上げることが可能でしょう。また、最近では卵子の質を上げるには細胞にあるエネルギー生産能力のあるミトコンドリアを摂取した方がいいということもわかってきました。

 

サプリだと2万円近くする高額なものではありますが、普段の食生活で豆類、海藻類、ナッツ類などを摂取するといいようです。食事と定期的な運動も必要となりますので、サプリ摂取と合わせて検討してみましょう。

 

しっかり食べて動くことで活性酸素を除去することができるのです。

生理不順を改善できる

生理不順になる主な原因は、女性ホルモンのバランスが乱れてしまう事など様々な原因が考えられますが、思ってもみない病気が潜んでいることも考えられますので、長期間改善されない場合は検査が必要になるかもしれません。

 

考えられる原因は以下の通り。

 

間違ったダイエット

短期間で極端に体重を落とすのは体にとっても大変負担がかかり、ホルモンバランスが崩れやすいとされています。体脂肪もある程度は必要です。女性ホルモンの分泌が止まってしまうと無排卵、生理が止まるという事態にまで発展してしまいます。

 

激しいスポーツ

スポーツ選手並みに激しいスポーツをして体脂肪が減ってしまったりすると、卵巣の働きが止まってしまう事もあります。

 

過剰なストレス

日々のいろんなストレスが溜まりすぎると生理不順が起こりやすくなります。不規則な生活を送っている方もこれと同じように視床下部の働きが悪くなり、生理のサイクルが乱れてしまうことも。

 

卵巣の病気

卵巣嚢腫、子宮内膜症、多嚢胞卵巣症候群など卵巣に関わる病気になると無月経、または出血が異常に多くなる過多月経を引き起こすこともあります。自覚症状がないまま進行することもあるので定期的に検診に行く必要がありますね。

 

葉酸サプリももちろん生理不順を整える働きがありますが、普段から食生活など気を付けるべきことがたくさんあると思います。

 

葉酸以外では大豆イソフラボンでホルモンバランスを整えたり、高麗人参で冷え性を改善しながらというのもいいでしょう。またギャバでストレス解消や鎮静効果を求めるのも有効です。マカやローヤルゼリーもおすすめです。またビタミン
やカルシウムもいいとされています。ビタミンB6でイライラ防止、ビタミンEで女性ホルモンの代謝を上げて、カルシウムでストレス対策になります。

 

葉酸とこれらの成分を一緒に摂取することで上手にストレス解消しながら生理不順もなおしていきたいですね。生理不順がなおれば肌荒れや口内炎、生理痛といったトラブルも同時に解決できてしまうので一石二鳥と言えます。

男性の不妊に効果がある

男性原因の不妊も増えているので男性も葉酸摂取するようにと指導する病院も増えています。葉酸を摂取することで染色体異常のリスクを下げるだけでなく、造血ビタミンでもあるため動脈硬化の予防にも役立ちます。

 

特に男性向け葉酸というものはないので奥さんが飲んでいる場合は、夫婦二人で同じものを飲んでも問題ないでしょう。ベルタのように夫婦セットを販売している会社もありますが、内容成分は男女共用です。

 

妊活に必要な栄養素は何も葉酸だけではありません。最低限必要とされているものは、以下の9種類あります。葉酸と合わせてサプリで不足分を補いましょう。できれば葉酸サプリに一緒に配合されているものをチョイスすると楽ですね。

 

カルシウム

骨や歯を作る大事な栄養素です。精神の安定、筋肉をほぐしたりといった働きも。マグネシウムとセットで取るといいとされています。カルシウム対マグネシウムを2対1の割合で摂取すると吸収率が高まります。

 

マグネシウム

新陳代謝や血圧、体温調整に関係しています。不足すると足がつったり手足がしびれたりという症状が。

 

亜鉛

抗酸化作用や精子の質の向上、染色体異常防止などの役割を持っています。

 

鉄分

貧血や免疫力低下の予防に役立ちます。ヘム鉄と呼ばれるものが吸収率が高く、動物性食品(赤みの肉や魚)に多く含まれています。

 

野菜や海藻に含まれている鉄分は非ヘム鉄と呼ばれていて、ヘム鉄の吸収率が10%に対して1〜6%程度の吸収率となっています。

 

コエンザイムQ10

抗酸化作用が非常に高く、精子の質の向上、運動率アップにも効果が。

 

乳酸菌・オリゴ糖

腸内環境を改善して他の栄養素を吸収しやすくなります。免疫力アップにもなるのでおすすめです。

 

ビタミンC

抗酸化作用、ストレス解消、亜鉛の吸収を助ける働きがあります。

 

ビタミンE

男性ホルモンを作る働きがあります。抗酸化作用があり、ストレス解消にもなります。

 

これだけの栄養素を食事だけで摂取するのは案外難しいものです。たとえばビタミンEの場合はカロリーが高い食品(魚介類やナッツ類)も多いので、うっかりカロリーオーバーになってしまうことも。

 

また、普段から冷たい飲み物、アイスクリーム、お菓子などをたくさん食べすぎる場合はサプリの効果を下げてしまうので控えていきたいですね。

 

食べたいものを控えなくてはならないので辛いかもしれませんが、ストレスなく食事できるように毎月1回は好きなものを食べていい日を設定するのもいいでしょう。

 

 

葉酸と妊活特集!記事一覧

排卵日の予想と言うのはとても難しく、排卵日を含めた前後合わせて5日間が妊娠しやすい時期とされています。確かに回数が多い方が妊娠の確率が上がるとされていますが、あまり神経質に考えないでできる範囲で構いません。排卵日前後の行為について正解はないこの件は実は専門家でも意見の分かれるところなので実は明確な答えがないのです。人によっては毎日行為をすると精子濃度が落ちてしまうという方も。ただ実際に行為を行う側...

長期間妊活に取り組んでも結果が出ないときは病院からも妊活を休むことをすすめられると思います。なぜなら過剰にストレスを溜めることで確実にホルモンバランスを崩してますます妊娠の確率を下げてしまうからです。実際に治療をストップした途端に妊娠が発覚とした方も多いようですね。ストレスからの解放が一番の効果!?妊活に取り組んできた方は食生活などきちんと改善されているはずです。それなのに妊娠できないのは単純に運...

排卵日検査薬は排卵日当日ではなく、2日ほど前に陽性反応が出ます。尿の中にある黄体形成ホルモン(LHホルモン)濃度が排卵の直前に高い数値を示すためです。陽性か陰性かはっきりしない結果が出ることもあるため、数回使用しましょう。まずは基礎体温をつけましょう!まずは基礎体温をきちんとつけて排卵日の予測をつけましょう。以前は最低体温が排卵日と言われていましたが、人によってはずれることがありますのでその低温期...

女性にとって冷え性は万病のもと。最近では子宮を守ると言う意味合いで妊娠する前から腹巻や腹帯を使う方が増えているようです。季節を問わずに女性を守ってくれるため、上手に使っていきたいものですね。使い方やその効果に注目していきましょう。腹帯って安産祈願のアレ!?腹帯と言うと戌の日の安産祈願のイメージが強いと思います。妊娠5か月の戌の日に腹帯を巻いて祈願する習慣です。最近ではこの日に限らず、腹巻や腹帯を使...

人気の葉酸サプリ厳選3品を選んでみました。ベルタ葉酸サプリまずは、一番人気のベルタ葉酸サプリ。赤ちゃんのために、必要な準備として、お母さんの美容と健康があげられます。27種類のビタミンやミネラルが配合されているサプリですから、食事だけで取れなかった栄養素をバランスよく補給することができます。妊婦さんの目線で商品開発が行われていますから、携帯にも便利なサイズで、妊婦さんにも飲みやすい小さめの錠剤とな...

このたび妊娠6か月であることを発表した大島美幸さん。今までに自然妊娠で2回流産を経験しています。生活や食事の改善と合わせて子宮筋腫の手術を受け、人口受精に成功したようです。今回見事に懐妊に至ったのは夫である鈴木おさむさんの協力もあったようです。男性側も精子の運動率がよくなかったりしていたため、妊娠しにくかったので早目に人工授精をすすめられたとあります。6月が出産予定ですので、順調にいくと良いですよ...

少し前までは葉酸サプリを飲むのは女性だけと思われていました。ところが最近の研究の結果から、妊娠前に男性も葉酸サプリを飲むのが効果的なことがわかっています。胎児の頭蓋顔面、脊柱などの変形は、むしろ父親の葉酸不足が原因のようです。そんな研究結果のおかげか、妊活を夫婦揃って頑張るという方たちが増えているようです。これはうれしいですよね!少し前まで妊活は女性だけが頑張るというイメージがあり、ものすごく負担...

先輩ママのお勧めナンバーワンは、ベルタ葉酸サプリ!天然成分を使用しているから安心してお飲みいただけます。ママの口コミで一番評判が良かったサプリメント。価格も手頃で続けやすいことや、持ち運びが便利なボトルに入っていること、錠剤の大きさも飲みやすいので、続けて飲めるのが良いところのようです。栄養豊富な葉酸サプリベルタ葉酸サプリの次にお勧めなのが、美的ヌーボー!東尾理子さんが飲んでいるというサプリメント...