つわりのピークは?【つわりはいつからいつまで】

妊娠して初めて「本当に妊娠したんだなぁ」と実感する瞬間が、「つわり」が始まった時ではないでしょうか?

 

今まで元気だったのが、だんだん胸焼けがしてきたり、匂いに敏感になったり…吐き気がしたり。

 

つわりの始まりは、個人差があるので一概には言えないんですが、だいたい妊娠5〜6週から始まる人が多いみたいです。

 

早い人だと生理予定日を過ぎたくらいから「ん?」と感じることもあるようです。妊活中で妊娠に敏感な人は、少しの変化にも気づくかもしれませんね。

 

ですがつわりが来なくて安心していたら妊娠8週目くらいからつわりがはじまったという人もいるので、最初につわりがないからと言って安心するのは早いです。

 

ピークは個人差もありますが、妊娠8週〜10週ほどだと言われています。

 

つわりの種類

つわりの種類も、実は色々あります。

 

食べ物を食べられない、特定の物しか受け付けないつわり。
これはみなさんが想像するつわりの症状だと思います。

 

他にも空腹だと気持ち悪くなる「食べつわり」もあります。
これはつわり中にも関わらず体重が増加することがあります。

 

しかし一番つらいのは、何も食べられない水しか飲めないというつわりですね。
ひどい人は、水分もまともにとれずに体重も激減し、点滴しに通院、入院になる妊婦さんもいます。

 

つわりは病気ではありませんが、経験した人にしかわからない辛さですね。

 

つわりの時期は旦那さんにたくさん協力してもらい極力体を休めましょう。

 

つわりはいつまで続くの?

ですがそんなつわりにも必ず終わりがやってきます。

 

つわりの終わりも個人差はありますが、16週頃には終わったという人が多いみたいですね。
早い人だと10週までに治まっているみたいです。

 

終わり方も、ある日ぴたっとつわりが終わる人もいれば、じょじょに良くなっていく人もいるようです。

 

ただ妊婦さんの中には、出産直前までつわりが続いたという人もいます。

 

逆にうちの母親は、3人子供を産みましたが、3人ともつわりはなかったそうです。
つわりが辛かった人にとってはうらやましい限りですよね。

 

そしてそんな私も、妊娠中つわりは軽いものでした。
おう吐もなくなんとなく車酔いのような感じがしばらく続いたくらいで終わりました。
母の遺伝でしょうか。

 

つわりの遺伝性はわかりませんが、体質的なものも関係しているかもしれませんね。

 

まとめ

 

まとめると

 

@ つわりの始まりは、個人差もありますが妊娠5〜6週からが多い。
A つわりの終わりは、これも個人差がありますが妊娠16週までに終わる人が多いみたいです。
B 稀に出産直前までつわりがある人もいます。

 

つわりに苦しむ妊婦さんも早く良くなりますように。旦那さんもいっぱい協力してくださいね!


関連ページ

葉酸にはつわりを軽減する効果あるの?
つわりは、ひたすら耐えるしかないものでしかないと思われがちですが、実は予防方法がわかっています。葉酸とビタミンB6.ビタミンB12を一緒に摂取することです。それらを一度に摂れる葉酸サプリがおすすめです。詳しくまとめてみました!
つわりといっても色々な種類があるのです!
みなさんが思い浮かべる「つわり」は主に胸焼けや吐き気、おう吐などだと思います。しかしつわりの種類はほかにも色々あるんです。それではつわりの種類を見ていきたいと思います。
つわりと頭痛の関係
つわりと頭痛は密接な関係があります。つわりの時期に頭痛も頻繁に起きやすくなります。そのため頭痛もつわりの症状として見られます。それではどんな関係があるのか、対処法など見ていきたい思います。
つわりの時は食事はどうする?
つわり中は、どんなもの食べたらいいかわからなくなる…ことが多いですよね。この時期は別に栄養を気にせずに自分が食べられるものを食べるようにしましょう。何が食べたいかわからないという方もいると思います…どんなものが良いのか?好まれる食べ物などを挙げていきます!
アロマの香りでつわりが軽減するって本当!?
妊娠初期はホルモンバランスが崩れている時期なのであまりアロマを使用しない方がいいと言われています。しかし、人によってはつわりがひどかったりして仕事や家事ができなくて悩んでいる方も多いですよね。そんな時にはリフレッシュできるアロマを活用してみるのも一つの手です。