つわりは「吐き気」や「おう吐」だけではない!

つわりで代表的な症状は、「吐き気」「おう吐」などだと思います。

 

これに悩まされている妊婦さんも多いと思います。
自分では抑えようがないことですから、辛いですよね。

 

でもつわりにはほかの種類もあるんです。

 

空腹だと起こるつわり

例えば、「食べづわり」これは空腹な状態だと気持ち悪くなったり吐き気が起こるのです。

 

朝起きてお腹がすいた状態だと気持ち悪かったり、食事を抜くとひどくなる傾向にあります。
なのでこの症状のつわりのときは、軽くつまめる物を持っていると安心です。

 

クラッカーや小さなおにぎりでもいいですし、自分が食べられるものを少しずつ食べるようにして、空腹にならないように気をつけましょう。

 

においで起こるつわり

つぎに「においつわり」。色々なにおいに敏感になります。

 

よく聞かれるのが「ご飯の炊けた匂い」これが苦手になる人もいるいます。

 

他に様々な匂いがだめになります。
強いにおいの香水や柔軟剤の香り、芳香剤などは苦手になる人が多いです。

 

その他にも日常で香る匂いもだめになることもあります。
部屋の匂いだったり、食べ物の匂い、歯磨き粉などなど、苦手になる匂いは人それぞれ違ったりします。

 

匂いは日常でどうしても避けられないので、マスクなどして対処する必要があります。

 

眠くなるつわり

あとは、妊娠すると眠くなるといいますが、「眠りつわり」という症状もあります。

 

日常的に眠気に襲われます。
きちんと睡眠時間をとっていても眠くなります。

 

仕事中でも出かけていても眠くなるので、こういったときはあまり無理をせずに、身体を休ませるようにしましょう。

 

よだれが出るつわり!?

これは知らない人もいるかもしれないですが「よだれつわり」というのもあります。

 

よだれが常に出てきます。
通常よりよだれがかなり増えます。

 

このよだれづわりの人は、外出中などよだれが出てしまうときは、トイレやなにか吐き出せるものに吐き出したりして対処しているようです。

 

わたしもこれは初めて聞きました!

 

でも実際によだれづわりの人はいるようで、対処しづらくて困ることが多いみたいです。
常に出るのでタオルを口にくわえたりする人もいます。

 

頭痛が起こるつわり

次に、頭痛です。
これもつわりの症状だそうです。

 

私も妊娠中は頭痛に悩まされました。
特に初期のほうに多く表れていました。
ホルモンのバランスの変化や貧血の症状から引き起こされる頭痛のようです。

 

頭痛はあまり我慢せずに産婦人科の先生に相談するといいでしょう。
市販の頭痛薬は飲まないようにしましょう。

 

さいごに

いかがでしたか?
つわりといっても実は様々な症状があり、吐き気やおう吐だけではないということですね。

 

どの症状も本人にとっては辛いものです。
少しでも緩和できるように工夫して穏やかに妊婦生活を送りたいですね!

関連ページ

つわりのピークは?【つわりはいつからいつまで】
つわりは妊婦さんにとって辛いものですね。いつから始まるのか?終わりはいつ?毎日耐えるのみのつわりも必ず終わりはやってきます。早い人だと妊娠10週までにはつわりが治まるそうです!一日でも早くつわりが終わるといいですね!
葉酸にはつわりを軽減する効果あるの?
つわりは、ひたすら耐えるしかないものでしかないと思われがちですが、実は予防方法がわかっています。葉酸とビタミンB6.ビタミンB12を一緒に摂取することです。それらを一度に摂れる葉酸サプリがおすすめです。詳しくまとめてみました!
つわりと頭痛の関係
つわりと頭痛は密接な関係があります。つわりの時期に頭痛も頻繁に起きやすくなります。そのため頭痛もつわりの症状として見られます。それではどんな関係があるのか、対処法など見ていきたい思います。
つわりの時は食事はどうする?
つわり中は、どんなもの食べたらいいかわからなくなる…ことが多いですよね。この時期は別に栄養を気にせずに自分が食べられるものを食べるようにしましょう。何が食べたいかわからないという方もいると思います…どんなものが良いのか?好まれる食べ物などを挙げていきます!
アロマの香りでつわりが軽減するって本当!?
妊娠初期はホルモンバランスが崩れている時期なのであまりアロマを使用しない方がいいと言われています。しかし、人によってはつわりがひどかったりして仕事や家事ができなくて悩んでいる方も多いですよね。そんな時にはリフレッシュできるアロマを活用してみるのも一つの手です。