つわりは妊婦さんにとって身体的にも精神的にも辛いものです。
できれば軽くなってほしい、予防できるなら予防したいと思いますよね。

 

つわりの原因は女性ホルモン

つわりの原因について、今わかっていることは、妊娠すると分泌される女性ホルモンが関係しているそうです。

 

その女性ホルモンが「プロゲステロン」です。

 

胎児の成長に関わるという女性ホルモンで、妊娠すると分泌が盛んになります。

 

プロゲステロンは胎児の成長を阻害する毒素を排除するため、脳が「吐き気」や「おう吐」を起こすのです。

 

このプロゲステロンが過剰に働くと、眠気やだるさ、頭痛、イライラなどの症状もでてきて、これらの症状はすべてつわりと診断されます。

 

つわりの予防には葉酸サプリ

そしてこのつわりを予防する方法があり、それは「葉酸」「ビタミンB12」「ビタミンB6」を摂取することです。

 

これらを一度に摂ることができるのが「葉酸サプリ」です。

 

最近の葉酸サプリの中には葉酸だけでなく、ビタミンB12やビタミンB6も一緒に配合されているものがあり、一度にこれらの栄養素を摂取することができます。

 

葉酸とビタミン12

葉酸とビタミンB12は一緒に摂取することで「自律神経を整える」働きをしてくれます。

 

妊娠中どうしても乱れてしまう「交感神経」と「副交感神経」のバランスを整えてくれる働きがあります。

 

自律神経が整うことで体の機能が正常化しますし、そこからつわりも軽減すると言われています。

 

ですが葉酸とビタミンB12は同時に摂取してこの働きをしてくれるので、どちらかが欠けてしまうと効果がありません。

 

なので、葉酸サプリでビタミンB12も一緒に配合されたものが良いとされます。

 

葉酸とビタミン6

そしてもうひとつビタミンB6は、つわりを予防する効果があることが認められています。

 

アメリカで行われた実験によるとビタミンB6を妊娠中に摂取すると「吐き気」や「だるさ」を緩和することがわかりました。

 

そしてビタミンB6も葉酸やビタミンB12と一緒に摂取することで相乗効果があると言われています。

 

どの栄養素も単体で摂取しても、つわり予防には効果が薄いみたいですが、一緒に摂取すると大きな効果がでるということがわかっています。

 

つわりがひどい人は、葉酸サプリを摂取することをおすすめします。

 

そして葉酸サプリの選び方ですが、必ずビタミンB6とビタミン12が一緒に配合されている葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

1人目がつわりがひどくて大変だった人で2人目妊娠を躊躇する人もいるそうです。

 

たしかに葉酸サプリだけで良くなるとは限りませんが、こういった予防効果があるとわかっていると、妊娠することにたいしても少し安心感が持てるんじゃないでしょうか?

 

確実につわりが良くなるという保証はありませんが、少なからず効果があるということは、実験結果にもでています。

 

まだ試していない人はぜひ葉酸サプリを摂るようにしてみてくださいね!

関連ページ

つわりのピークは?【つわりはいつからいつまで】
つわりは妊婦さんにとって辛いものですね。いつから始まるのか?終わりはいつ?毎日耐えるのみのつわりも必ず終わりはやってきます。早い人だと妊娠10週までにはつわりが治まるそうです!一日でも早くつわりが終わるといいですね!
つわりといっても色々な種類があるのです!
みなさんが思い浮かべる「つわり」は主に胸焼けや吐き気、おう吐などだと思います。しかしつわりの種類はほかにも色々あるんです。それではつわりの種類を見ていきたいと思います。
つわりと頭痛の関係
つわりと頭痛は密接な関係があります。つわりの時期に頭痛も頻繁に起きやすくなります。そのため頭痛もつわりの症状として見られます。それではどんな関係があるのか、対処法など見ていきたい思います。
つわりの時は食事はどうする?
つわり中は、どんなもの食べたらいいかわからなくなる…ことが多いですよね。この時期は別に栄養を気にせずに自分が食べられるものを食べるようにしましょう。何が食べたいかわからないという方もいると思います…どんなものが良いのか?好まれる食べ物などを挙げていきます!
アロマの香りでつわりが軽減するって本当!?
妊娠初期はホルモンバランスが崩れている時期なのであまりアロマを使用しない方がいいと言われています。しかし、人によってはつわりがひどかったりして仕事や家事ができなくて悩んでいる方も多いですよね。そんな時にはリフレッシュできるアロマを活用してみるのも一つの手です。