睡眠は大切記事一覧

睡眠薬の中には不妊の原因となるものも確かに存在します。すべてが不妊につながるわけではありませんが、副作用が気になるようでしたら服用を避けてサプリメントなどで代用する方法を探してみましょう。もちろん医師に相談してアドバイスをもらうのも有効です。睡眠薬には危険な成分が!?睡眠薬の中にはプロラクチンという乳腺刺激ホルモンを増やしてしまうものもあります。代表的な物としてロゼレムという睡眠薬があります。生理...

妊娠中は女性ホルモンが急激に増えてしまうので通常と違ってホルモンバランスが崩れてしまいます。普段より眠気を感じやすいのもこのためです。日中に眠気が強い場合は短時間であれば仮眠を取っても構いません。しっかり寝ていても眠気を感じやすい時期なのであまり気にしない方がいいかもしれませんね。女性ホルモンが増えると眠くなる女性は女性ホルモンが増えると眠くなります。生理が近づくといつもより眠気が増すのも同じ理由...

睡眠をしっかり取ることでリラックスしてうつ予防にもなりますし、赤ちゃんの成長も良くなります。睡眠不足だとストレスがたまってホルモンバランスが崩れてしまうので不妊の原因にもなってしまいます。しっかり眠るのも妊活だと考えていいと思います。睡眠中の成長ホルモンが大切妊活中、妊娠中に欠かせないのが睡眠中に出る成長ホルモンです。この成長ホルモンは細胞組織の成長を促すだけでなく、疲労を取る効果もあります。脳や...

適切な睡眠時間というのは人それぞれです。睡眠は、長さより質や目覚めるタイミングがとても大事と言われています。たとえ短時間睡眠であっても熟睡できていればすっきりできるという方もたくさんいますので自分に合った方法で調整してみましょう。理想的な睡眠時間とは?理想的なのは6時間から8時間程度の睡眠とよく言われていますが、これは個人差があります。熟睡していれば3時間でもいいという方も。睡眠は脳が覚醒している...

ちょっとした生活習慣の改善で睡眠の質は変わるものです。寝る前はなるべくのんびりとリラックスできる状況を作りましょう。深夜まで飲酒やたばこ、スマホやパソコンを長時間使うのは脳が興奮する状況を作ってしまうのでおすすめできません。どうして寝る前のスマホやパソコンがダメなの?忙しい現代人は遅くまでパソコンに向かってデスクワークと言う人も少なくありません。スマホやゲームなども熟睡を妨げてしまいます。寝る直前...

たばことカフェインは快眠を妨げるものとして代表的な物です。絶対にダメと言うわけではなく、摂取する時間帯や量を気を付ければ問題ありません。特に深夜、寝る前は控えたいものです。今まで夜に摂取していた人は時間帯をずらしましょう。たばこのニコチンで覚醒!たばこのニコチンには覚醒作用があります。たばこを1本吸うと血圧がわずかに上昇します。しかし5分程度でまた元の状態に戻ります。とはいってもこれはあくまでも1...

一口に睡眠といってもその原因などで専門が異なります。わからないときは病院に電話するかホームページがある場合はそちらで確認してから予約しましょう。不眠症もいびきや睡眠時無呼吸症候群があるときは別の科になります。内科よりも専門の科に行くのがおすすめ一部の内科では軽い安定剤を処方する場合もありますが、基本的には専門外なので紹介状を書きますと言われることがほとんどです。一般的な睡眠障害の場合は心療内科、精...

快眠のコツを覚えておけばぐっすり眠ってすっきりとした目覚めができるはずです。簡単なので覚えておけばいつでも自宅で実践できると思います。しっかり眠って仕事の効率をアップさせましょう。睡眠のリズムを作っておけば自然と同じ時間に眠くなり、起床時間も一定化していきます。睡眠で大切なのは長さではない!?睡眠は時間の長さではありません。普段の疲れを補おうと休日に長く寝てしまうと返って体が重くなってだるさを感じ...

睡眠不足だと肌の調子が悪くなりがちです。こんな時はどうしたらいいのでしょうか。眠っている時に分泌される成長ホルモンは肌のターンオーバーにも関係しているのです。そのためゴールデンタイムを狙ってきちんと睡眠をとることで美肌を手に入れることができます。ゴールデンタイムで美肌効果お肌の新陳代謝をするターンオーバーという現象は寝ている間に起こります。成長ホルモンは寝てから約3時間の間だけ分泌されるものです。...

眠れないけど睡眠薬は副作用も心配、通院する余裕もないという方も多いと思います。そんな方には睡眠改善サプリがおすすめです。通販やドラッグストアなどいろんな所で取扱がありますし、副作用もないので安心して継続できます。効き目はもちろん個人差がありますので自分と相性がいいものを探してみましょう。睡眠サプリは気軽に購入できる睡眠薬は普通の内科では処方しないのが一般的です。精神科や心療内科は予約や紹介状が必要...

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、おなかが大きくなることで腰に負担がかかりやすい時期です。寝返りや起き上がるのも時間がかかるので苦労が多いかもしれません。そんなときは寝具を見直してみるのも一つの手です。低反発マットレスは妊娠中はNG?低反発マットレスを使用していると通常時はいいのですが、妊婦はおなかが大きいので体が沈み込んでしまってなかなか寝返りが打てません。腰痛、肩こり、首のこりで悩む方は低...

仰向けで寝ている人で朝になると疲れが残るという方も多いかと思います。なぜかというと重力でのどや舌や頬が押されてしまい、気道が狭くなってしまうからです。こうするといびきをかいてしまったり、寝返りもしにくいのでよく眠れなくなるのです。では、簡単に横向き寝を実現するにはどうしたらいいかというと、一番簡単な方法は枕を変えることです。『YOKONE』という枕は独自の特許技術で頭、首、肩、腕の4点を支えて効率...

ストレートネックになるとどんな症状が出るかと言うと首こり、肩こり、頭痛、吐き気、めまい、しびれといった症状が出ます。悪化するとヘルニアの併発を招くこともあります。こうなる前にぜひ対策を練りましょう!軽度のストレートネックは簡単に改善できる睡眠は1日のおよそ3分の1の時間を過ごす時間です。軽度のストレートネックでしたらストレッチや姿勢を正すことで改善されますが、それでもだめな場合は枕の変更も検討して...

L−テアニンはアミノ酸の一種で緑茶、紅茶、玉露に多く含まれる成分です。お茶を飲んだときにリラックスするのがこのL−テアニンの効果と考えていいでしょう。睡眠の質を上げる効果はもちろんのこと、そのリラックス効果で集中力アップ効果も出てくるので仕事の前に飲むのもいいとされています。睡眠薬ではないので飲んですぐに眠くなるということはありません。女性の場合、月経前症候群や更年期障害の症状がおさまるというデー...

横向き寝枕は数多く販売されていますが、その中でもYOKONEは特におすすめです。寝返りを打つと枕がずれてしまうこともありますが、この枕は1.5キロという重量でそう簡単には動きません。もちろん従来の仰向けで寝ることも可能ですが、自然と横向き寝ができるような構造になっています。リラックスウレタン素材でできていて、小さな気泡で構成されています。素材を揉むことで空気の出し入れも可能です。枕カバーは丸洗いオ...