あなたは大丈夫?産後うつ病はどんな症状?

産後うつ病になっても、自分を決して責めてはいけません。しかし症状が表れていることを知っていて、放置してしまう事は悪いことです。

 

家族のサポートを受けながら治療をしていき、明るい自分を取り戻しましょう!

 

産後うつは早めに対策!

産後うつ病に悩むママは多く、辛さと闘いながら育児をこなしている方はたくさんいると思います。

 

産後うつ病は、放置してしまうと症状が重くなり、深刻化してしまう事もあるので、早めに対処していきましょう!

 

産後うつ病の症状は、

  • 意欲がわかない、無気力
  • 疲れやすい
  • 動悸、めまい
  • 不眠
  • 食欲がわかない、過食になる
  • 子供が可愛いとは思えない
  • 死ぬことを考えてしまう
  • 朝スッキリ起きられない
  • 今までできていたことができなくなった
  • 泣いてばかりいる

など、悲観的な考えしかできなくなってしまいます。

 

産後うつは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが、出産に伴い一気に失ってしまいます。それに伴い、女性ホルモンのバランスは乱れてしまい、情緒不安定な状態になってしまうのです。

 

症状が出ても、2〜3週間で回復できる方や1ヶ月程で回復できる方もいます。
しかし、回復に半年以上、1年以上掛かってしまう方も多く、回復に時間が掛かってしまう方は産後うつ病を引き起こしやすいようです。

 

生活環境の見直しも考えて

産後の自分の生活環境にも問題があるようです。

 

出産前や産後の生活サポートをしてくれる家族がいてくれると、産後うつ病にはなりにくく、サポートしてくれる家族がいないと、産後うつ病が発症しやすいのです。

 

産後うつになってしまっても、決して自分を責めないでください!自分は決して悪いわけではなく、疲れているだけなのです。疲れが癒えて、気持ちに余裕が持てるようになれば、ちょっとしたことでも楽しいと感じられるようになるはずです。

 

ただ、今は焦らずに心と体を休ませることに徹しましょう。

 

生活のサポートをしてくれる家族の支えを受けて、栄養のあるものをしっかりと摂り、気分転換やリフレッシュをしていきましょう。それでも、症状が改善されない場合は薬を使った治療や、場合によって入院が必要になります。

 

症状が深刻化してしまうと、回復するまで時間が掛かってしまうので、早いうちに治療を始めていきましょう!

 

産後うつ状態のときに、「病気を治したい!」と思うことは難しいと思います。本人が病院を嫌がるのは当然なので、家族が積極的に病院へ連れていき、治療を前向きに考えるように説得していくことも求められます。

 

産後うつ病になったことは悪いことではありませんが、そのままにしておくことは悪いことです!自分のためにも家族のためにも、産後うつを克服して、明るい生活を取り戻していきましょう!