流産後の妊活はいつから始めればいいの?葉酸はいつから?

流産後,妊活

流産は、誰もが経験する可能性のあるものです。

 

正常に出産する妊婦さんがいるなかで何度も流産を経験する妊婦さんもいます。流産は身体的にも精神的にも女性にとって大きな負担となる辛いものです。
(⇒妊娠週毎の流産の確率ってどのぐらい?

 

流産後も再度妊娠を望む女性も多いですが、不安も大きいですよね。

 

流産後にまた妊娠を希望して妊活を始める場合、一体いつから再開したらいいんでしょうか?葉酸サプリもすぐに飲み始めて良いのでしょうか?

 

1ヶ月以上の期間が必要

一般的に流産をしてしまったあとは、一か月ほど安静にする必要があります。

 

あとは個人差があり体調をみてから子作りを再開することになりますが、医師にきちんと診てもらって判断してもらうことをおすすめします。

 

早い人で1ヶ月から3ヶ月ほどで、長い人だと1年ほど空ける人もいます。

 

葉酸サプリの再開についても、かかりつけ医に相談した方が安心です。おそらく1ヶ月目は、葉酸サプリも飲まない方が良いと言われるかもしれません。

 

どうしてすぐに妊活しない方が良いの?

流産後すぐに子作りをしないほうがいいのは、やはり流産による身体的なダメージがあるからです。こういった状態での子作りは流産後の子宮を傷つける可能性もあるのです。

 

それにダメージは精神的なものも大きいですし、不安定な状態で子作りをしてもいい結果が生み出せないことがあります。

 

流産後すぐの妊娠はまた流産しやすい?

流産後,妊活

さらに流産後すぐの妊娠は、また流産を起こす可能性が高くなると言われています。

 

流産したあとの子宮というのは、まだ回復が完全ではなく着床しても子宮内で赤ちゃんを育てる土台になるものがまだきちんとできていないためです。

 

このような流産の繰り返しをおこさないためには、最低でも通常の生理が1〜2回終わってからの子作りをおすすめします。早くまた妊娠したい!と焦ることでさらに流産を起こす可能性があります。慎重に焦らずゆっくりと子作りを再開させましょう!

 

流産してしまうと妊娠しにくい体になってしまうの?

 

長期休養が必要な場合も。

流産の原因によっては、次の子作りまで1年以上あけなくてはいけない人もいます。

 

それは胞状奇胎などの染色体異常によって異常な受精卵が増えている状態になっているなど、通常に妊娠出来にくい身体になっている場合です。

 

こういった場合は、子宮の回復はもちろんのこと、生理の周期を改善したりする必要もあるため長期の間子作りをお休みする必要がでてきます。

 

妊娠を強く希望している人にとっては流産は精神的なショックが大きいですし、人によって心身の状態はそれぞれなのでこれだけ間隔をあければ大丈夫!とは一概には言えません。

 

目安として生理1〜2回後で医師にしっかり診てもらってから子作りを再開させるのが安心です。

 

葉酸サプリの再開は、子作り再開よりも前が理想ですが、これについては、医師に相談した方が安心です!

 

流産後,妊活

 

 

関連ページ

流産の時期とその種類
流産は妊婦さんにとって、心配なことの一つですよね。初期は原因がはっきりわからない流産でもあるので不安も大きいと思います。流産の種類や起きる時期についてまとめてみました!
高齢出産は流産するリスクが高い?
高齢出産になると流産のリスクは高くなる?これはどうしても避けられないことです。加齢とともに流産やその他の異常の確率は上がってしまうのが事実です。ですが年齢に関係なく流産は起きるものです。リスクについて詳しくみていきたいと思います!
心拍確認後に流産してしまう確率は?
心拍確認は、妊婦さんの中でも大事なポイントですよね。無事に心拍確認ができると、流産の確率がぐんと下がると言われているからです。それではどれくらいの確率なのか?どういったことに気を付けたらいいかまとめてみました!
妊娠週毎の流産の確率ってどのぐらい?
妊娠週数が上がると流産の確率は下がっていきます。妊娠10週目くらいで2%とかなり低い確率までさがります。具体的なデータで週数ごとにまとめてみました!
自然流産後の妊娠確率が高いって本当!?
妊娠したにも関わらず、残念ながら流産してしまうということは、誰にでも起こりえることです。流産する要因は様々ですが、実は全体のおよそ10〜15%の確立で流産が発生してしまうと言われています。ところが、流産は大変辛いことである一方で、「自然流産後は妊娠確率が上がる」という説がありますが本当なのでしょうか?
流産してしまうと妊娠しにくい体になってしまうの?
最初の妊娠で流産を経験してしまうと、妊娠しにくい体になってしまうのではないかと心配になってしまう人は少なくないでしょう。妊娠しにくくなると耳にすることでより不安を感じてしまい、それがストレスになることもあります。流産は女性にとってとてもつらく哀しい経験ですが、その原因や解決方法を知ることで次の妊娠を無事に進められる可能性も出てきます。2回目以降妊娠してもまた流産してしまう確率はどのくらいなのか、何度も流産を繰り返す原因があるとしたらどんなものがあるかを調べてみました。
流産しやすい人に何か特徴はあるの?
流産しやすい方は体質だろうか、遺伝だろうかと不安な気持ちになるはずです。主に考えられるのは染色体異常、冷え性、ホルモンバランスの乱れ、年齢です。しかし、原因不明の流産というものも存在するのが事実ですね。
流産に一番気をつけないといけない時期は?
やはり一番流産しやすいのは妊娠初期、人それぞれではありますが一番確率が高いのは妊娠9週目です。9週目の壁という表現をよくしますね。逆にこの9週目を過ぎると流産しにくくなります。