高齢出産の定義

一般的に高齢出産とは35歳以上の出産のことを言います。
最近は晩婚化の影響で35歳以上で出産する人は増えてきています。

 

高齢出産になると、流産の確率も20%と高くなります。

 

全年齢で平均して流産リスクは15%くらいと言われているので、高齢出産になると5%ほどあがることになります。

 

高齢出産のさまざまなリスク

高齢出産は様々なリスクが高くなります。

 

胎児の染色体異常の確率があがり、特にダウン症は年齢が上がるにつれて確率も上がると言われています。

 

流産の多くは、母体か胎児に妊娠継続させることができない何か理由があるためです。

 

卵子は通常生殖細胞である卵母細胞が二段階の減数分裂をして作られるそうですが、正常な卵子になるためには、減数分裂で正しい数の染色体が卵子に分配されなくてはいけません。

 

この分配の間違いがあると、受精しても出産に至ることができなかったり、受精したあとも「流産胚」や「ダウン症」など先天性異常を起こす可能性が高くなります。

 

高齢になると卵子自体も老化しているということなので、どうしても妊娠する確率が落ちますし、妊娠したとしてもなんらかの異常があることが多くなります。

 

高齢出産で気をつけること

染色体の異常がなくても、高齢出産になると気を付けなければいけないことがあります。
それはストレスです。

 

年齢に関係なくストレスは母体にも胎児にも良い影響は与えません。
高齢出産になるとさらに気を付けるべきです。
ストレスが原因で妊娠高血圧症のリスクを高めますし、もちろん胎児の成長にも影響がでる可能性があります。

 

母体の年齢があがると、それだけお腹の赤ちゃんの状態はより不安定になると言われています。
なるべくストレスをためずに、安定期に入るまではリラックスしてゆっくり過ごすように心がけましょう!

 

安全な高齢出産の研究

高齢であることは変えることができないし、防げない流産となると、もう運に任すしかないと思ってしまいますが、この染色体異常を抑えることができるかもしれないと最近では言われているそうです。

 

加齢によって卵子内の染色体同士を結ぶタンパク質「コヒーシン」が減少することはすでにわかっていて、そのコヒーシンが加齢によって減少する関係を明らかにして、加齢によって起きる染色体異常を抑えることができると言われています。

 

まだこれからの話ですが、高齢出産でもこうやって染色体異常を減らすことができるようになるかもしれないんですね!これはこれから妊娠・出産をしたいと考える人にとっても勇気をもらえることだと思います。

 

高齢出産はどうしてもリスクが高くなりがちで、危険!と思われがちですが、なんの異常もなく出産している高齢出産の人もたくさんいます。あくまでリスクがあがるだけで、妊娠することで、年齢に関係なく誰しも流産の可能性は持っているのです。

 

年齢に関係なく出産はとても素晴らしいことです。多くの女性に経験してほしいことだと私は思っています。そのため高齢出産になるから、子供は諦めようと思うのはもったいないと思います。

 

色々な研究から流産リスクがさがるような研究結果がでてそれが高齢出産の後押しになればなぁと思います!!

 

関連記事

関連ページ

流産の時期とその種類
流産は妊婦さんにとって、心配なことの一つですよね。初期は原因がはっきりわからない流産でもあるので不安も大きいと思います。流産の種類や起きる時期についてまとめてみました!
流産後の妊活はいつ再開?
流産してしまったら、すぐにまた妊娠したいから早く子作りを再開したいと思う女性がいると思いますが、ちょっとまってください!流産後は身体的にも精神的にもダメージが大きいです。流産後すぐ妊娠することはさらなる流産に繋がる可能性がでてきます。詳しく説明していきます。
心拍確認後に流産してしまう確率は?
心拍確認は、妊婦さんの中でも大事なポイントですよね。無事に心拍確認ができると、流産の確率がぐんと下がると言われているからです。それではどれくらいの確率なのか?どういったことに気を付けたらいいかまとめてみました!
妊娠週毎の流産の確率ってどのぐらい?
妊娠週数が上がると流産の確率は下がっていきます。妊娠10週目くらいで2%とかなり低い確率までさがります。具体的なデータで週数ごとにまとめてみました!
自然流産後の妊娠確率が高いって本当!?
妊娠したにも関わらず、残念ながら流産してしまうということは、誰にでも起こりえることです。流産する要因は様々ですが、実は全体のおよそ10〜15%の確立で流産が発生してしまうと言われています。ところが、流産は大変辛いことである一方で、「自然流産後は妊娠確率が上がる」という説がありますが本当なのでしょうか?
流産してしまうと妊娠しにくい体になってしまうの?
最初の妊娠で流産を経験してしまうと、妊娠しにくい体になってしまうのではないかと心配になってしまう人は少なくないでしょう。妊娠しにくくなると耳にすることでより不安を感じてしまい、それがストレスになることもあります。流産は女性にとってとてもつらく哀しい経験ですが、その原因や解決方法を知ることで次の妊娠を無事に進められる可能性も出てきます。2回目以降妊娠してもまた流産してしまう確率はどのくらいなのか、何度も流産を繰り返す原因があるとしたらどんなものがあるかを調べてみました。
流産しやすい人に何か特徴はあるの?
流産しやすい方は体質だろうか、遺伝だろうかと不安な気持ちになるはずです。主に考えられるのは染色体異常、冷え性、ホルモンバランスの乱れ、年齢です。しかし、原因不明の流産というものも存在するのが事実ですね。
流産に一番気をつけないといけない時期は?
やはり一番流産しやすいのは妊娠初期、人それぞれではありますが一番確率が高いのは妊娠9週目です。9週目の壁という表現をよくしますね。逆にこの9週目を過ぎると流産しにくくなります。