流産について記事一覧

化学流産化学流産は、受精したが着床が継続せずに流れてしまうことを言います。流産のなかで最も初期の時期に起きてしまう流産です。今は妊娠検査薬で陽性反応が早い段階でわかるため、妊娠を早くに知ることができることから、この化学流産に気づく人が多くなっています。しかし、昔は化学流産していることに気づかないという場合もありました。そしてこの流産は医学的には、流産とは言われていません。化学流産の兆候は生理と似て...

一般的に高齢出産とは35歳以上の出産のことを言います。最近は晩婚化の影響で35歳以上で出産する人は増えてきています。高齢出産になると、流産の確率も20%と高くなります。全年齢で平均して流産リスクは15%くらいと言われているので、高齢出産になると5%ほどあがることになります。高齢出産のさまざまなリスク高齢出産は様々なリスクが高くなります。胎児の染色体異常の確率があがり、特にダウン症は年齢が上がるにつ...

流産後の妊活はいつから始めればいいの?葉酸はいつから?流産は、誰もが経験する可能性のあるものです。正常に出産する妊婦さんがいるなかで何度も流産を経験する妊婦さんもいます。流産は身体的にも精神的にも女性にとって大きな負担となる辛いものです。(⇒妊娠週毎の流産の確率ってどのぐらい?)流産後も再度妊娠を望む女性も多いですが、不安も大きいですよね。流産後にまた妊娠を希望して妊活を始める場合、一体いつから再...

妊婦雑誌などを読んでいると、まずは「心拍確認!」といって心拍確認ができると流産の確率がぐんとさがると書かれていることが多いですよね。なので心拍確認までドキドキ過ごす妊婦さんもいると思います。私も小さな心臓の動きをエコーでみるまではドキドキしていましたし、確認できるであろう診察の日は本当の緊張しました。まず「心拍確認」が最初のポイントになると思いますが、そこで無事に心拍確認ができると、流産する確率が...

まず流産の定義について話したいと思います。流産とは妊娠22週未満までに何らかの原因で妊娠が継続できなくなってしまうことです。原因は色々ありますが初期の流産は赤ちゃん側に原因があるのがほとんどなのです。私も毎日不安で仕方なかったです・・・私も初めての妊娠は本当に毎日毎日が不安で、初期の検診は一カ月に一度で次の検診までがとても長いのです。検診までが長くて、赤ちゃんが無事に育っているのか不安でした。妊婦...

妊娠したにも関わらず、残念ながら流産してしまうということは、誰にでも起こりえることです。流産する要因は様々ですが、実は全体のおよそ10〜15%の確率で流産が発生してしまうと言われています。ところが、流産は大変辛いことである一方で、「自然流産後は妊娠確率が上がる」という説があります。本当ならば多くの妊活中、妊娠中の人にとって希望となることでしょう。それは事実なのか、事実であるならばなぜなのか、その理...

最初の妊娠で流産を経験してしまうと、妊娠しにくい体になってしまうのではないかと心配になってしまう人は少なくないでしょう。妊娠しにくくなると耳にすることでより不安を感じてしまい、それがストレスになることもあります。流産は女性にとってとてもつらく哀しい経験ですが、その原因や解決方法を知ることで次の妊娠を無事に進められる可能性も出てきます。2回目以降妊娠してもまた流産してしまう確率はどのくらいなのか、何...