「卵活」が流行中!「卵活」ってなあに?

 

卵活は、なかなか聞きなれない言葉ではありますが、とても大切な手段の一つなので女性の方は覚えておきたいです。

 

卵活が流行しているのは、時代背景による影響が大きいです。日本は急速な少子高齢化が進み、同時に晩婚化も進んでいます。女性の卵子も加齢によって劣化してしまうので、子どもを欲しいと願っても叶わない可能性が出てきます。つまり、元気な卵子が手元にあれば晩婚でも子どもを授かるチャンスが増えるということです。

 

この記事では、それを可能にする卵活の魅力について紹介していきます。

 

卵子の劣化は早い

35歳という年齢を聞いてどのようなイメージが思い浮かびますか?若くもなく年老いてもいない年齢ではありますが、卵子にスポットライトをあてると急速に劣化し始める時期です。

 

つまり、35歳を過ぎると自然に妊娠する確率や、授精をしたとしても出産までたどり着く可能性が低くなります。晩婚化の中、無策のまま加齢するのは非常にもったいないことです。

 

そこで登場したのが卵活で、一言で表現すると「若いうちに質の良い卵子を保存する」ことです。

 

もちろんセルフで行うことではなく、実施できる病院にお願いして有料で行うものです。

 

誰でも行えるものではなく、卵子の採取は40歳未満の女性に限定されます。35歳から卵子の劣化が顕著になるので、40歳以上の卵子を採取してもあまり有益ではありません。そして、採取した卵子の使用は45歳までとなっています。これは、生殖可能年齢を考えて設定されており、45歳を過ぎると卵子は破棄されてしまいます。

 

卵活のメリットや注意点

卵活のメリットは、例え晩婚であっても過去に採取した自身の卵子を使用できるので妊娠できる確率がアップします。

 

35歳を過ぎると自然妊娠できる確率は約60%ですが、20代の場合は約80%です。つまり、晩婚でも20代の時に採取した約80%の確率で妊娠できる卵子があるので、それを使うことで実年齢よりも妊娠確率が上がるのです。
また、卵子を採取しておけば焦りも少なくなります。加齢によって妊娠や出産が難しくなることは周知の事実なので、その部分を意識し過ぎて人生が狂ってしまうケースもあります。妊娠や出産のことだけを考えて本気で好きでもない男性と結婚するなどの不本意な現実もあります。

 

しかし卵活によって卵子を保存しておけば、しっかりと自分に合った男性を待つことができます。また、妊娠適齢期は働き盛りでもあるので、仕事を打ち込みたい女性にとっては卵活をすることで更に集中できます。

 

ただ一つ注意しなければいけないのは、卵活=100%の妊娠・出産ではないということです。

 

妊娠確率を上げることは間違いありませんが、先述した卵子の採取や使用期限にも注意し、卵活にすべてを委ねるような考え方は禁物です。