妊娠中・妊娠前の注意事項

妊娠すると、女性の体は大きく変化します。おなかの中の赤ちゃんを育てるために、様々な準備を始めます。

 

それに伴い、お母さん自身も妊娠・出産に備えて準備を始めないといけません。赤ちゃんが欲しいと思っている女性も、妊娠する前から準備を始めるべきです。

 

妊娠前や妊娠中は、どのような所に気をつければいいのでしょうか。

 

貧血に注意

貧血は妊娠に限らずどんな方でも気をつけないといけませんが、妊娠中は特に貧血になりやすいので注意が必要です。妊娠すると、女性の体内では赤ちゃんにも血液を届けるために、作られる血液の量が一気に増えます。

 

作られる血液の量は増えるのですが、赤ちゃんにも送り届けるためにお母さん自身の血液は不足しがちになります。ですので、妊娠が分かったら貧血予防を始めるべきです。

 

また貧血は、妊娠が発覚してからではなく、妊娠前から気をつけておくのがいいでしょう。

 

妊娠を希望している女性は、常に貧血にならないために予防をするべきです。なぜかと言うと、妊娠初期には貧血で倒れてしまう女性がいるからです。元々貧血気味の女性は、なおさらですね。ただでさえ貧血気味なのに、その状態で妊娠してしまうと、自分の分と赤ちゃんの分の血液量が一気に足りなくなります。

 

母体は赤ちゃんを優先に血液を届けるので、どうしてもお母さん自身は貧血になりやすいのです。妊娠中の貧血は、妊娠中毒症とも言われることがあります。妊娠中毒症になると、産後もなかなか症状が改善されにくいのです。

 

ですので、妊娠中の貧血は早い段階から避けておきたいのです。妊娠する時点から、体内に新鮮な血液が循環していると、貧血の心配は少なく赤ちゃんにも十分な血液が届けられます。妊娠前、妊娠中はいつも以上に、貧血予防に努めたいですね。

 

冷え予防も忘れずに

そして、妊娠したらもうひとつ気をつけたいのは、冷えです。

 

女性はもともと冷えやすいですし、冷え性の方が多いです。妊娠すると女性の体は、赤ちゃんを守ろうと、基礎体温が少し上昇します。体はほてって暑く感じるのですが、そこで体を冷やすとよくありません。

 

母体が冷えてしまうと赤ちゃんが育つ胎盤も冷えてしまい、赤ちゃんの成長に影響が出てしまうかもしれません。赤ちゃんはあたたかいおなかの中が大好きです。お母さんが体を冷やさないことは、赤ちゃんにとって居心地のいい環境を整えてあげるためにもとても大切なことです。

 

冷えは、実は妊娠前でも気をつけておきたいことです。女性はからだが冷えると子宮も冷えてしまいます。冷えた子宮は妊娠しにくく、もし妊娠しても定着しにくいと言われています。妊娠したいと思っているのであれば、貧血と同時に冷えにも気を配りましょう。冷えない体は血液の循環もいいので、冷え予防は貧血予防にも繋がります。

 

便利な葉酸サプリを活用

貧血予防、冷え予防には、規則正しい食生活や毎日の心がけが必要です。

 

体を冷やさないように、室内の温度調節や体温調節。貧血には、栄養バランスの整った食事を。ストレスを溜め込まずに、睡眠時間もたっぷりとること。こんな完璧な生活を送れたら、貧血にも冷えにも無縁の体を作ることができます。

 

しかし、妊娠すると体にも精神的にも様々なストレスがかかります。

 

思うように動かない体や、出産への不安などもあるでしょう。仕事によるストレスもあるでしょうし、規則正しい生活は、なかなか難しいところですね。妊娠による貧血予防、冷え予防には、葉酸サプリがとても手軽でおすすめです。

 

葉酸サプリには、ビタミンB郡を始めとするたくさんの栄養素が詰まっています。葉酸は体内の代謝を上げ、血液の循環を浴する効果があります。また、血液の循環がよくなると自然と体温も上がりますので冷え予防にもなるのです。葉酸サプリは水溶性と言って、水に溶けやすい性質を持ったサプリメントです。

 

毎日摂り続けることで体内に葉酸が定着します。葉酸は赤ちゃんの脳を作る際にも大切な栄養素ですので、ぜひ妊娠前からの摂取をおすすめします。

 

赤ちゃんにも、そしてお母さんにも嬉しい効果のある葉酸サプリメント。貧血や冷えを予防して、元気な赤ちゃんを産みたいですね。

 

おすすめの葉酸サプリはコチラ