妊娠腺について

妊娠するにつれて、不安はたくさんできてしまいますよね。大きくなるお腹に伴い、体重の増加なども気になるところです。

 

同じように悩みが多いのは、妊娠線。妊娠線は妊婦さん達にとって、とても大きな悩みの種でもあるのです。

 

妊娠線とは?

妊娠線とは、妊娠により大きくなったお腹に亀裂が入り、赤い線状のものができてしまうことです。

 

妊娠線はお腹が大きくなり始める、主に妊娠4〜5ヶ月頃にできてしまう人がとても多いです。また、妊娠中期には全く妊娠線のなかった人でも、臨月に入って突然できてしまうこともあります。ほとんどの妊婦さんは妊娠線にはなりたくないと思っているでしょう。

 

しかし妊娠線には個人差があります。できない人もいれば、何回でもできてしまう人もいます。
皮膚の体質にもよりますし、おなかがどれだけ大きくなるのかも大きく関係しています。

 

妊娠線の予防方法

妊娠線にならないためには、何と言ってもこまめな保湿が大切です。

 

妊娠すると、おなかがどんどん大きくなりますよね。それにつれて、皮膚はどんどん引き伸ばされてしまいます。引っ張られた皮膚はやはり途中で、裂けてしまいます。こうして妊娠線ができてしまうのです。

 

皮膚が引き伸ばされるのは仕方ないことですが、妊娠線は予防することができます。

 

毎日お風呂上りなどに、しっかり保湿を行いましょう。皮膚に亀裂は入ってしまうのは、皮膚が乾燥していることも大きく影響しています。妊娠中のお肌はデリケートで、ついつい乾燥してしまいがちです。

 

毎日心がけて保湿をすることで、妊娠線はほとんど予防することができます。

 

保湿はどうすれば?

保湿に使うものは、一度使ってみて使用感がいいと感じるものがいいですね。水分や油分がたっぷりと含まれているしっとりタイプがおすすめです。

 

おなかが大きくなるに連れて、保湿クリームなどもどんどん吸収されるようになります。一度塗りでは物足りないなと感じたら、二度塗り、三度塗りするのがおすすめです。

 

妊娠線の予防には、やりすぎかな?と感じるくらいの保湿が効果的です。

 

クリームなどを塗る回数も、お風呂上りの一回だけでなくてもいいのです。一日の中で、おなかが乾燥しているなと感じたときに、たっぷりと塗って保湿してあげましょう。ここで量をケチってしまうと、意味がありません。保湿クリームや保湿乳液は確かにあまりお安いものではありません。

 

しかし、少しずつ使っていても、お肌の乾燥は防げないことがあります。たっぷりと、おしみなく塗ってあげることが、妊娠線の予防には大切なことなのです。

 

妊娠中、おなかの皮膚が乾燥すると痒くなる人もいます。痒みがあるということは、乾燥しているということです。痒くなる前に、保湿をしっかりと行いましょう。

妊娠線は冬場だけでなく、夏の暑い時期にもできてしまいます。妊娠線が気になる人は、おなかが大きくなる前から気をつけておきましょう。

 

万が一、妊娠線ができてしまったら…

どんなに気をつけていても、妊娠線ができてしまった場合。残念ながら一度できてしまった妊娠線は簡単に消すことができませんが、保湿をやめてしまってはいけません。

 

初期の妊娠線であれば、これからの保湿で目立ちにくくすることもできます。できてしまったからと言って、保湿をやめてしまうと、どんどん妊娠線が大きくなってしまいます。妊娠線を見つけたら、これまでの保湿では足りなかったんだなと思って、今まで以上に念入りな保湿を行いたいですね。

 

妊娠線ができてしまったところにも、念入りに保湿を続けます。できてしまった線に保湿クリームを練りこむように、じっくりとマッサージしながら塗ってみてください。

 

薄めの妊娠線でしたら、産後にはもうすっかり目立ちにくくなっているはずです。

妊娠腺について記事一覧

妊娠線の予防には、保湿がとても大切です。こまめな保湿を心がけることは、妊娠線を予防する上で必要不可欠です。しかし、どんなに保湿を心がけても、いいものを使わなければ効果は半減してしまいます。妊娠線の予防におすすめなのは、ベルタ妊娠線クリームです。ベルタ妊娠線クリームがおすすめな理由、特徴、使い方などをまとめました。美容成分がたっぷり!ベルタ妊娠線クリームは、お肌に嬉しい美容成分がぎっしり入っています...

プラジェントラクリームをご存知でしょうか?プラジェントラクリームは、韓国で生まれた妊娠線予防にも使えるクリームです。韓国は、美肌への意識がとても高い国です。そんな韓国で、妊婦さんが妊娠中に肌ストレスを感じないことを目的に作られたのが、プラジェントラクリームです。お母さんにも赤ちゃんにも嬉しい、天然成分で優しく使うことができます。妊娠中でも美肌でいたい、できてしまった妊娠線をなんとかしたい。そんなお...

妊娠線は妊娠している女性がお腹の周りによく出来てしまうものです。お腹が急激に膨らみ始め、皮膚が短期間で無理に伸びることで肌に亀裂ができてしまうのです。妊娠中はヒップアップやバストアップをする人もいるためお尻や胸にも妊娠線が出来てしまう人がいます。妊娠の継続や出産には影響ありませんし、痛みもないと言えます。しかし産んだ後に赤い線が残ってしまいます。どうして出来てしまうのかを知ることで、適切な対策をす...