妊婦さんに葉酸はなぜ必要なの?

妊婦さんは産婦人科でも葉酸を飲みなさいと指導されることが増えてきました。

 

なぜ葉酸がそこまで必要なのか、その重要性をしっかり把握して無理なく摂取していきましょう。

 

サプリと食事で摂取できます。

 

葉酸はどんな栄養成分?

 

葉酸は妊婦さんには必須の栄養成分です。

 

ビタミンB群の仲間になりますが、なぜそんなに必要かというと造血作用、細胞分裂、先天性異常の予防効果などその効果は多岐に渡ります。

 

効果がたくさんある割には普段の食事だけでは不足しがちなので余計に摂取を強く呼びかけているのもあるでしょう。

 

葉酸はなぜ不足しがちなのか

 

葉酸は水溶性ビタミンです。

 

普通に食事で摂取しても残念ながら半分程度は排出されてしまいますし、体に蓄積もされません。
そのため積極的に摂取しないと不足してしまうものなのです。

 

サプリを利用するのは吸収率を上げるためですね。
妊活中から出産までは400μg、出産後の授乳期にも280μg必要とされています。

 

たとえばほうれん草で必要量を取ろうとしたらどのくらい必要かというと、ほうれん草100gで110μgで実際に吸収される量は約半分。

つまりはほうれん草500g(約2束)を毎日食べる必要が出てきます。

 

いくら野菜が好きであっても毎日この量を食べるのは大変ですよね。
普段食べているのはせいぜいほうれん草半束50g程度でしょう。

 

1つの野菜だけでは無理なはずですね!
外食が多い方でしたら野菜や大豆が圧倒的に不足するでしょうし、やはりサプリをプラスしないと目標値には到底及びません。

 

葉酸はずっと飲まないといけないの?

 

出産が終わったらもう飲まないという方も多いかもしれません。

 

サプリの費用負担を考えれば無理に続けてくださいとは言えませんが、できたら最低でも授乳中は飲んでほしいところ

 

造血作用のある葉酸は、飲み続けることで育児疲れや疲労を改善してくれる効果がありますのでぜひ飲むべきものなのです。

 

最近では出産に関係なく体力アップのために葉酸を飲む方もいます。
健康維持のためにできるだけ長く続けてほしいですね。