妊娠中に必要な大切な栄養素とは?

妊娠中は、通常時に比べると、食事や栄養を意識した生活になります。

 

単に食べれば良いのではなく、必要のある栄養を取り入れていくことが大切なのです。

 

妊娠中に必要な栄養素は、葉酸・亜鉛・鉄・カルシウムが主に必要とされています。

 

もちろん、その他にもビタミンや乳酸菌も必要で、できるだけサプリメントではなく口で食べて取り入れる栄養が理想的だと言われています。

 

しかし、毎日必要な栄養と取り入れることはとても難しく、サプリメントに頼らざるを得ない状況の人も多いのではないでしょうか?

 

妊娠中は和食中心で!

妊娠中は、和食中心の食事を意識し、砂糖や油を控えた食事をすることが求められます。糖分が多く脂分の多い食べ物は太りやすく、妊婦はすぐに体重に反映されてしまうので、注意をしながら取り入れていきましょう。

 

その他にもDHA・EPAも必要で、肉よりは魚を選んで食べるようにしましょう。

 

そして、体を作るタンパク質もバランスよく取り入れていくことが大切です。卵や大豆料理、サラダなども合わせて、工夫した料理にして栄養を取り入れていきましょう。

 

間食は、菓子類ではなくカルシウムが豊富な乳製品や、ビタミンが豊富な果物類を意識して取り入れると良いでしょう。週数の経過によって不足する栄養が出てきます。

 

特に妊娠後期になると、普段から鉄分を取り入れているにもかかわらず貧血になってしまう人も多いので、食べ物とサプリメントを合わせて栄養を補うことが大切です。

 

関連記事

関連ページ

妊娠中にこれってやっていいの?
妊娠中って色んな制約があると思うのですが、意外とわかっていなかったります。妊娠中にこれやっていいの?という疑問が生まれたら当サイトをご覧下さい。