生理不順が不妊の原因になる!?

生理が順調かは、前の月経開始日から次の月経の始まる前日までの日にちを計算します。25日から38日の間だと正常な周期ですが、それ以下や以上ですと、生理不順とみなされます。

 

不順の原因としては不規則な生活やストレス、過度の肥満やダイエットや子宮の病気と様々ですが、ほおっておくと不妊になりかねないものもあるので注意が必要です。

 

自分の生理周期を把握して、異様を感じるようでしたら診察を受ける事が予防になります。

 

不妊の原因?無月経排卵とは?

月経周期が頻発や稀発、また生理始まったが短いまたは長い場合、無排卵月経の可能性があります。

 

無排卵月経は、女性が月に一度くる排卵がきていない状態です。基礎体温計で測定すると、正常な女性ならば低温期と高温期の波があるにもかかわらず、一定の状態が続いている時は、例え出血があっても無排卵周期とされます。

 

無排卵になる要因は様々ありますが、そのままの状態を放置しておくと、卵巣機能の低下が進み無月経になる事もあります。無排卵、無月経は妊娠する可能性を低下させます。

 

日ごろから自身の生理周期を把握し、基礎体温計で黄体期のリズムを把握し、排卵をしている状態か卵胞期はいつかを知っておく事が月経の異常の原因を知る手がかりとなります。

 

月経のリズムや不正出血など異常を感じたら、産婦人科を受診し漢方薬やピルなどホルモン剤、排卵誘発剤を症状にあったものを処方をしてもらう事で、不妊の原因を取り除く事も出来ます。

 

異常に気付いた時は早めに病院いく事が大事です。

 

不妊の原因?子宮内膜症とは

生理痛は誰しも経験する事がありますが、毎月動けないほどの生理痛や、また生理以外の時でも下腹部痛がある時は子宮内膜症の可能性があり注意が必要です。

 

子宮内膜症とは、子宮の内膜は通常排卵後厚くなり、赤ちゃんをきても大丈夫なように準備に入ります。妊娠しなければ、必要がなかったとみなされ、排出されます生理がきます。しかし、子宮内膜症ですと内膜が増えてくる時期に、子宮の外に飛び出し他の臓器に内膜が増え、生理になり出血するという状態を繰り返します。

 

卵巣に飛び出した場合は、血の塊ができ、嚢腫になりチョコレート嚢腫と呼ばれる内膜症を発症します。卵巣に溜まった血は排出されず古い血液がとどまりますので、卵巣機能が低下し不妊の原因になります。

 

内膜症と診断された時は、産婦人科で適正な治療を受ける必要があります。生理痛がひどく続く場合や、生理でもないのに不正出血があるといった生理不順がみられる時など、いつもと違う症状がみられる時は、早期に受診することが不妊予防にもつながります。

 

関連ページ

2人目で急に不妊になることもあるの?
1人目の子どもは何の問題もなく妊娠したのに、2人目をなかなか妊娠しないという、いわゆる「2人目不妊」と言われる現象が起こることがあります。どうして2人目不妊になってしまうのでしょう?
排卵期に夫のプレッシャーを和らげる簡単な方法とは?
排卵期にしないと絶対に妊娠しないと言う訳ではありません。プレッシャーをかけるのではなく、自然にできるのが一番大事なこと。人間は本能的に妊娠しやすい時期に性欲が高まる習性があります。そのためあまり強く排卵日アピールしない方が得策でしょう。