妊娠中に摂って欲しい栄養素とは?

妊娠すると、母体は赤ちゃんに様々な栄養を送り届けます。

 

多くはお母さんが摂る毎日の食事を通して、必要な栄養素がへその緒を通じて送られるのです。ですので、お母さんの食事は赤ちゃんにとって、とても大切で重要な役割を果たします。妊娠中はなるべくたくさんの栄養を、赤ちゃんに送り届けてあげましょう。栄養バランスの整った食事は、妊婦さんの体調もよくしてくれます。

 

鉄分・カルシウムはお母さんにも赤ちゃんにとっても必要不可欠な栄養素

妊娠すると、よく貧血気味になると言います。これは、体内で赤ちゃんに送られる血液量が急増してお母さんに届く血液が減ってしまうからです。それが原因となり、妊娠中は鉄不足になりがちです。

 

特に妊娠中期以降は鉄分が減少しがちで、貧血を訴える妊婦さんがとても多くなる時期です。赤ちゃんが大きくなるにつれて、必要な鉄分の量も増えてくるのですね。この時期を中心に、妊娠中は鉄分不足に気をつけなければなりません。
赤ちゃんにとっても鉄分はとても大切な栄養素です。お母さんが鉄分不足になると、おなかの赤ちゃんも必然的に鉄分不足になってしまいます。鉄分は脳に血液を送る働きもあります。赤ちゃんの脳が形成される際に、鉄分不足だと困ってしまうのです。また、鉄分不足のままで産まれてきた赤ちゃんは、アレルギーがあったり夜泣きなどの症状が悪化することもあるようです。

 

それを避けるためにも、お母さんが鉄分を意識して摂取するのはとても大切なことなのです。

 

そしてカルシウムも、妊娠中は心がけて摂取しておきたい栄養素のひとつです。カルシウムは、実は体内で形成できない栄養素です。ですので、カルシウムは常に体の外から意識して摂取しなければならないのです。

 

妊娠中に、虫歯には気をつけましょうということをよく耳にしませんか?歯の主成分はカルシウムなので、カルシウム不足になりがちな妊娠中は虫歯になりやいのです。またカルシウムは丈夫な骨も作ります。妊娠中にカルシウムをたくさん摂ると、骨の丈夫な赤ちゃんになるとも言われています。

 

元気で丈夫な赤ちゃんを育てるために、鉄分とあわせてカルシウムも摂取しておきたい栄養素なのです。

 

鉄分やカルシウムを多く含む食材は?

どんな食材を食べれば、鉄分やカルシウムを摂取できるのでしょうか?

 

鉄分は、主に卵・あさり・レバー・大豆などに多く含まれます。これらの食材を意識して食べれば、鉄分を食品から摂ることができます。
鉄分は体内に吸収されにくい栄養素でもあるので、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ることでより吸収率がアップします。
カルシウムは、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品にたくさん含まれています。またししゃもや煮干などの魚類、小松菜、豆腐などにも多く含まれます。

 

鉄分やカルシウムを含む食材をなるべくたくさん食べて、栄養をたくさん摂取しましょう。

 

サプリメントも上手に活用

鉄分やカルシウムを食品だけではなかなか摂取できない。

 

そんなときには、サプリメントを上手に利用しましょう。妊娠中には鉄分・カルシウムが必要なので、妊婦さん用に作られているサプリメントも多くあります。つわりがひどかったり、仕事が忙しくなかなか料理する時間がないなどという人にはサプリメントはとても便利なものです。

 

鉄分・カルシウムに加えて、妊娠中に必要な栄養素である葉酸も一緒に摂取できるサプリメントも中にはあります。自分に合うサプリメントを上手に使って、栄養を補給するのもひとつの手ですね。