アロマについて記事一覧

アロマオイルはその楽しみ方にいろんな方法がありますから自分の好みで使い分けましょう。吸入法・芳香浴ハンカチやティッシュペーパーにオイルを数滴たらして香りを楽しむ方法。ハンカチはシミになる場合があるので気になるのであればティッシュがおすすめです。またアロマランプにいれると電気の熱で香りを拡散させます。加湿器やディフューザーを使うと細かい霧状になって空気中に拡散させることも可能です。オイルウォーマーは...

アロマは女性にも男性にも効果ありとされています。では性別別にホルモンバランスを整えるものを並べてみましょう。女性ホルモンをアップさせるものネロリ寝つきを良くします。ストレス解消効果も。クラリセージナッツの香り。更年期障害の緩和。月経障害の緩和、不安を静める作用、免疫力アップ。ローズアンチエイジング効果、リラックス効果。イランイランフローラル系の香り。リラックス効果。血圧や心拍数を安定させる。ゼラニ...

妊娠初期の3か月はとても敏感でデリケートな時期。この時期には、アロマを使用しないのが原則です。いつも以上に香りに敏感で吐き気がしてしまうこともあります。基本的に安定期に入ってからの使用となりますが、エストロゲン作用(排卵刺激を誘発してしまう)通経作用(子宮の中のものを排出してしまう)神経毒の強いもの(胎児の脳の発育に影響を与える)は使用禁止です。例えば、以下です。アンジェリカルート オリガナム ガ...

感受性の強い赤ちゃんにはアロマオイルを使ってはいけないという方も多いです。一部のアロマショップではキャリアオイルに微量のラベンダーやカモミールを混ぜて夜泣き対策としているお店もあります。とはいっても赤ちゃんには芳香浴のみ使用してください。ベビーマッサージが最近流行りではありますが、あくまでもマッサージは乾燥肌の改善やスキンシップを目的にしていますので、ホホバオイルやグレープシードオイルなどのキャリ...

現代人は仕事のストレスや人間関係など様々な要因で心身ともに疲れています。免疫力や自然治癒力を自然に高めてくれるのがアロマテラピーなので、無理なくリフレッシュできます。嗅覚を通じて作用する場合は香りの成分が鼻の奥にある神経に作用して自律神経やホルモンバランス調整、免疫調整に役立ちます。皮膚に塗って使用する場合は皮膚表面から毛細血管に入り、全身の血液に循環していきます。血液を通じて体の各機関へと運ばれ...

ラベンダーの香りは中に含まれる酢酸リナリルという物質が興奮した神経を抑えてくれます。そのため快眠へとつながるのです。揮発性が高いので熱を加えなくても香りが広がってくれます。寝つきがよくなり疲れがよく取れるようになる便利なアロマです。寝つきが悪い方におすすめの方法寝つきが悪い方は寝る前にティッシュにラベンダーオイルを2滴程度たらして香りをかいで、そのあとに枕元に置いて眠りましょう。またアロマバスもお...

日本では民間療法のイメージが強いアロマテラピーですが、外国では医療で使うのが当たり前といった考え方が強いようです。もともとフランスでラベンダーオイルをやけどの治療に使ったところ、治りが早かったので利用するようになったという説もあります。アロマオイルの効果はもちろん個人差がありますが、ホルモン分泌を活性化する働きがあるのでリラックス効果が得られるのです。アロマオイルは自律神経に関わる大脳を刺激するた...

妊娠初期と後期は非常に不安定な時期なので芳香浴もしない方がいいという意見もあります。とはいってもこの時期に芳香浴をしたから絶対に流産するということもありませんので医師に相談しながら行ってください。妊娠初期に禁止されているものは使わない!初期に禁止と言われているものはラベンダー、カモミール、ローズ、ローズマリーです。特にラベンダーは万能ハーブと呼ばれているものですが、初期にはケトンという物質が神経毒...

アロマオイルの利用は妊娠中は芳香浴のみ、もしくはどうしても行う際は香りのほとんどのないキャリアオイルを使用するのが基本です。普通の一般的なエステなどで妊婦さんは断るというケースが多いようです。普段と違って非常にデリケートな時期なので体調を崩しやすいため責任を持てないという考え方のようです。妊婦専用ブレンド最近では妊婦専用ブレンドを用意した専門店も出てきているのでそういった専門店に相談してみるのがい...

キャリアオイルは植物油でエッセンシャルオイルを溶かして使うものです。単体でマッサージに使っても構いません。エッセンシャルオイルは植物の花や葉などあらゆる部位から抽出した芳香物質で刺激が強いので単体では使用できません。この二つを上手に組み合わせることでアロマテラピーを楽しむことができます。キャリアオイルって?キャリアオイルはキャリアという名前通りアロマオイルを体内に浸透させる、運ぶという役割を担って...

まだ日本では民間療法のイメージが強いアロマテラピーではありますがビジネスや医療、介護など様々な分野でその効果に注目が集まっています。副作用の心配はありませんが、人によっては体質的に合わないこともあり、安全に利用するための知識を得るためにアロマテラピー検定があります。アロマテラピー検定は誰でも受験できるアロマテラピー検定は年齢、経験などは関係なく誰でも受験できます。マークシート方式なのでアロマに関す...

アロマテラピーは日本ではなぜか女性のものというイメージ強いですが、特に性別は関係ありません。まだ日本では女性専用サロン、女性セラピストが多く、まだ男性に普及していないだけで海外では性別に関わらず幅広く利用されています。アロマは日本では女性のイメージが強い?どうしても日本ではエステや女性専用サロンでアロマを行うというお店が多いのが事実です。施術の時に裸になって行うことも多く、美容目的で通う方も多いた...

アロマキャンドルはアロマオイル同様人気のアイテムです。しかしいくらいいものであっても妊婦にとっては迷惑な香りということも少なくありません。内容成分をきちんと確認することが大事です。安価なものは合成香料が含まれていることもありますので事前に調べておきたいところです。アロマオイルによっては体に害になる!?アロマキャンドルはマイナスイオンを発生させて、その温かい炎でリラックス効果をもたらしてくれます。し...

妊活中はホルモンバランスを整える作用があるアロマを使用しましょうという声が多いようです。とはいっても必要以上に使うと体調を崩すこともありますので不妊治療をしていて病院に通っている場合は医師に相談してみましょう。妊娠前にNGの香りはない!妊娠する前は基本的にNGとされている香りはありません。その代わり女性ホルモンに関わるアロマオイルは、妊娠が発覚した時点で使用を中止してください。柑橘系の香りなどホル...